新サーチコンソールでインデックス登録する方法は?Fetch as GoogleからURL検査へ

自分のサイトの状態を確認するために欠かせないGoogleの無料ツール「サーチコンソール(Search Console)」なんですが、新しい管理画面となってスッキリしましたよね。

ただ、初めて見た時は「今まであった、あれは?」の連続…

特に、インデックスの登録を助けてくれる「Fetch as Google」の項目がない!

と思ったら、名称が変わっていたんですよね。名前などを予告なしにサラッと変更するのは、グーグルあるあるです。笑

というコトで、新しいサーチコンソールの管理画面でこれまでの「Fetch as Google」のような作業をする方法を紹介しましょう!

新しいサーチコンソールでインデックスを早める方法

「どうやって新しいサーチコンソールで、インデックスをさせるねん?」と検索しているような人なんですから、「サーチコンソール」の説明は省いちゃいますが…

結論から先に言うと、「Fetch as Google」と同じ役割の項目が「URL 検査」という名前に変わっちゃいました

STEP.1
新しいサーチコンソールの管理画面を開いたら、まずは該当するサイトを確認。

fetchasgoogle
STEP.2
次に、「サマリー」や「検索パフォーマンス」などが選択できるメニューが画面左に表示されているので、「 URL 検査」をクリックします。

fetchasgoogle
STEP.3
URL 検査」をクリックすると管理画面上部にある検索バーが浮き上がるので、インデックスさせたいURLを丸っとコピペなり入力なりします。

fetchasgoogle
STEP.4
するとサーチコンソールがURLの検索してくれて、「URL が Google に登録されていません」と表示されるはずです。そうしたら、枠の右下に表示されている「インデックス登録をリクエスト」をクリックしてください。

fetchasgoogle
STEP.5
以上で「Fetch as Google」と同じようにインデックスさせる方法は完了となりますが、同じ手順を後ほど行えば登録がちゃんと完了したかも確認が取れます。

fetchasgoogle

これで、安心してインデックスさせるコトができますね。

他にインデックスを早める方法と必要性

「Fetch as Google」を今まで利用していたような人ですから、ある程度インデックスを早めるような施策をしてきたんじゃないでしょうか。

ただ実際問題として、そんなにインデックスを早くさせる必要ってあるんですかね?笑

もちろん、ニュースなどを扱っている人は別ですよ。なるべく多くの人に早く情報を届けることが仕事ですからね。

sns

あと、SEO観点からするとサイト順位を上げるのに必要なコトでもないですし

なので大概の人は必要がないと思うんですが、インデックスを早める他の方法と必要があるかも見てみましょうか。

PINGを送信する

ちょっと前までは「PING」を送信することは必須と言われるほどでしたが、最近ではもっぱら意味がないという流れがあります。

そもそも、サーチコンソールで登録するコトができるような人なら、なおさら必要ない話ではありますがね。笑

まあ、「被リンク」などの観点から必要だと言う人もいますが、内容のある記事を書けばちゃんと人は広めてくれますから。そっちの方が、大事だと個人的には思うんですけどね

もし WordPress でサイトを運営していて、そしても PING を送信してみたいという人がいれば、PubSubHubbubがオススメ。このプラグインは設定が簡単です。

「パブサブハブバブ」って、口にすると噛みそうなプラグインですが…

ただ設定箇所に「送信するリスト」を入力しなければならないんですが、「送信する先」が変わるコトがあるので必ず最新の送信リストを探してくださいね。

サーチコンソールに RSS feed を登録

サーチコンソールにサイトマップを設定する人は多いんですが、「RSS feed」を登録する人は少ないんじゃないでしょうか。

方法は簡単です。画像に出すほどでもないくらい。

サーチコンーソールに「sitemap.xml」を登録したコトがあると思いますが、同じ要領で「feed」と登録するだけ。

簡単でしょ?

このサーチコンソールに RSS feed を登録する方法は、実際にクロールを早める効果があるのでやっておいて損はないです。

そう、損はない程度。

SEOの観点からすると特に意味はないです。

SNSなどで通知

Google検索は多くの人が利用している検索ツールであるコトは誰もが知っているのですが、最近はGoogle検索を使わないでSNSだけで完結する流れも正直あります。

つまり、「SNS」も大事なインデックスの一部であるわけです

sns

むしろ、「SNS」で拡散される方が最も早く「人」にインデックスされる方法かもしれません。しかも、自然な「被リンク」がつくキッカケにも繋がりますし。

「SNS」が面倒くさくて手を出していないという方がいたら、ぜひ今からすぐにひとまずアカウントを作って始めてください。SEOの観点からしてもです。

さいごに

新しいサーチコンソールでインデックスを早める方法などを紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

インデックスさせるコトを色々とやる必要はないと思いますが、同じ記事が投稿された時には「パクリ防止」にはなるのでやっておく方が良いと思います

そもそも新しい管理画面が慣れないという人は、気長に慣れていきましょうね。