Lightningのコピーライトを消したい?削除方法を4通り紹介しちゃいましょ!

WordPressのテーマとして人気がある…というか、よく練習などに使われているテーマ「Lightning」

シンプルなデザインとは裏腹に、詳細な設定ができるなど無料とは思えない内容ではありますが、「無料」だけあって気になる点があるのも事実。

ほとんどの「無料テーマ」にはフッター部分に「テーマ制作者のコピーライト」が表示されていて、「Lightning」にも「Powered by WordPress with Lightning Theme & VK All in One Expansion Unit by Vektor,Inc. technology.」と表記されています。

フッターに表示されいてる「コピーライト」の削除を許可していない「テーマ」も多いのですが、「Lightning」では削除すること自体は問題なしとしています。

Lightningのコピーライトを削除する方法

WordPressのテンプレート(テーマ)はよくファイルの変更があるんですが、「Lightning」は書き換えが激しい方なので以前の方法では対応できなくなるってこともよくあります

コピーライトに関してもこれまで何度か対応できなくなっていることもあり、他の方が紹介している方法では削除できなくなっている場合もあります

もちろん、この記事で紹介する方法もですけど。笑

とはいえ、現段階では「Lightning」のコピーライトを消す方法が4通りあるので、自分の好みで変更しちゃってください

4通りの消し方
  • 公式のプラグインを使う
  • CSSを追加する
  • template-tags.phpをイジる
  • footer.phpをイジる
注意
紹介する内容にはPHPをイジるものもあるので、自己責任で行ってくださいね!

それでは、それぞれの削除方法を紹介していきましょう!

公式のプラグインを使って削除

「Lightning」の公式サイトでは、「コピーライト」の表記を変更する方法を紹介しています。その方法とは、「専用のプラグイン」をインストールすること

「専用ブラグイン」の場合、HTMLなどの知識があまりなくても「Powered by〜」の部分も含め、自分のコピーライトの部分も自由に変更することができます。

bfm

ただ、このプラグインは「有料」となっているので、購入してからのインストールとなります。この次に紹介する方法に自信がない人は、専用ブラグイン「Lightning Copyright Customizer」を利用した方がよいかもしれないですね

注意
すでに Lightnign Pro を購入されている方は、「コピーライト」を編集する機能が付いているので別途プラグインを購入する必要はありません。

CSSを追加して見えなくする

有料のプラグインを購入せずになるべくお金をかけずにコピーライトを消したいという場合には、CSSを追加するのが一番オススメだと思います

だって、コピペするだけで消えますから

CSS
footer .copySection p:nth-child(2) {
    display:none !important;
    }

上記のコードを丸っとコピーして、WordPressの管理画面からカスタマイズ > 追加CSS に入って貼り付けるだけ。これだけで、コピーライトはサクッと消えます。

template-tags.phpをイジる

これは従来の削除方法とほぼ同じで、イジるファイルが以前と変わっただけという感じです。まあ、以前を知らない人は忘れても問題ないです。笑

footer.phpにコピーライトの情報を読む出す元がtemplate-tags.phpにあるので、このファイルを探して変更すれば消すことができます

場所は、inc > template-tags.php となります。子テーマには存在しないファイルとなるので、子テーマにファイルを作成しつつ変更しちゃいましょう

変更するのは、「template-tags.php」の後半部分を少し。変更と言っても、「*/」の部分を移動させるというイメージに近いです

変更前

     // Powered
	/*------------------*/
	$lightning_footerPowered = __( '

Powered by WordPress & Lightning Theme by Vektor,Inc. technology.

', 'lightning'); echo apply_filters( 'lightning_footerPoweredCustom', $lightning_footerPowered ); }
変更前

     // Powered
	/*------------------
	$lightning_footerPowered = __( '

Powered by WordPress & Lightning Theme by Vektor,Inc. technology.

', 'lightning'); echo apply_filters( 'lightning_footerPoweredCustom', $lightning_footerPowered );*/ }

「*/」の部分を変更すると、あら不思議。サイトを表示させてみると、「Powered by WordPress with Lightning Theme & VK All in One Expansion Unit by Vektor,Inc. technology.」が丸々消えてしまいます。

「あら不思議」とか言っちゃいましたが、知ってる人からするとまあ当然のことですね。丸々該当部分を消しても良いのですが、何があるか分からないので表示させないようにするだけにしています。

footer.phpをイジる

最後は、「footer.php」をイジってコピーライトを表示させないようにするというもの。

内容としては単純で、「template-tags.php」から呼び出しているコードを削除して別のコードへ丸っと書き換えるという感じですかね

変更前
<div class="container sectionBox copySection text-center">
          <?php lightning_the_footerCopyRight(); ?>
    </div>
変更後
<div class="container sectionBox copySection text-center">
          Copyright &copy; <?php bloginfo( 'name' ); ?> All Rights Reserved.
    </div>

変わった場所は分かりました?

<?php lightning_the_footerCopyRight(); ?>

Copyright &copy; <?php bloginfo( 'name' ); ?> All Rights Reserved.

に変えただけです。

これも割と簡単な方法ではありますが、「Lightning」はfooter.phpのコードをたまに変更する傾向にあるので、ここを変更した場合は注意しておいた方が良いかもしれないですね。

さいごに

バージョン更新に伴ってファイル内容が変更されることもあるので、公式の専用ブラグイン「Lightning Copyright Customizerを利用した方が安心かなとは思います。でも、そんな時でも対応できるスキルがあれば php をイジって変更しても良いと思います。

どちらの方法を使うかは自分のスキル次第という感じだと思いますが、変更する時は自己責任となりますのでご注意をくださいね。