ポップでスタイリッシュ!「MAX – Love Me Less (feat. Quinn XCII)」【Weekly Music #8】

今週ご紹介する「最近気になる曲」は、MAX の「Love Me Less (feat. Quinn XCII)」。まずは、MAX とはどんなアーティストなのか紹介していきましょうかね。

MAX

あまりにもマルチな才能を持っている方なので、どこから説明をしたら良いのか迷うくらいなんですが…

肩書きとして表すとしたら、モデルであり俳優でもある、そしてダンサーもこなすミュージシャンという感じですかね。とにかく、なんでも出来ちゃいます。

16歳の時にアリアナ・グランデと一緒に「13」というブロードウェイミュージカルを演じ、その後には「CRISIS ~完全犯罪のシナリオ」などに俳優として活動も。

2010年には、Dolce & Gabbana の広告にマドンナと一緒にモデルとして登場しています。

Youtube でも活動をしていて、女優のヴィクトリア・ジャスティスと一緒にマルーン5やブルーノ・マーズのカバーで話題になったことも。

【動画】Maroon 5 Medley! – Victoria Justice & Max Schneider

ここら辺のカバーをしていることもあり、歌い方や曲の感じはマルーン5やブルーノ・マーズに通じるものがあるような気がします。

MAX について語り始めると長くなりそうなので、今週の気になる曲「Love Me Less (feat. Quinn XCII)」をどうぞ!


この曲は MAX が結婚してから1年後に書かれた曲なんですが、「どんな恋愛関係でも、一度は不安と奇妙な気持ちが現れる」と感じそれを表現したのだそうです。

サビの「過去に起こした僕の過ちを知ったら、少しは愛情を減らしてくれるかい?」という部分は、今とても幸せがゆえに愛し続けて欲しいという裏返しの表現ですよね。

この動画で共演している二人目の女性は、なんと実際の MAX の奥さん。ストーリー展開は、曲とマッチしていて面白いと思います。

そして、曲を一緒に歌っているのは「Quinn XCII」。ジャンルレスに活動するアーティストで、ポップでもレゲエでもダンスミュージックでもなんでもこなします。

Quinn XCII

「Quinn」 は「クイン」と読めるんですが、「XCII」はなんて発音するのか気になりませんか? 実は、これはアメリカ人でも分からなかったんです。そこで、彼が Twitter で読み方をツイートしています。

つまり、「クイン・ナインティ・ツー」だそうです。

ローマ数字では、100が「C」で10を「X」で表します。それらの前に数字が付くと引き算するルールなので、「XC」は「100-10」となり90という意味に。

そして、その後ろにはII(2)が続いているので「92(ナインティ・ツー)」となるわけです。

ローマ数字って、ややこしいー!w

でも、そんな「Quinn XCII」も MV の中ではとても味のある演技をしていらっしゃいますよね。

MAX が以前に発表した曲「Lights Down Low feat. gnash」はリリースしてから約1年半後に3週間もビルボード・アダルト・ポップ・チャートで1位になったこともあるので、「Love Me Less (feat. Quinn XCII)」もどうなるのか気になるところ。

2018年にはサマソニに出演するなどしているので、今後も来日情報などがあった場合には注目してみてください!