「いいね」は売り上げに比例しない!?上手なSNSの活用法

突然ですが、SNSってやってますか?

友人にもいますが、あえてSNSをやっていないという人もいるでしょう。正直なところ、生活するうえで無くても困ることはないですからね。

ただ、ビジネスをやっている人は別です。

特に、店舗などがある人。

「デジタルなモノが苦手で…」という人はこの記事にたどり着くこともないかもしれませんが、もし店を運営していてSNSをやっていない場合は、すぐにでも始めましょう!

もしかしたら、広告なんて必要もなくお客さんが増えるかもしれません

店舗ならインスタグラム

SNSと言っても、今や数えきれないほどのアプリがあります

ですが、飲食や商品などを扱うような店舗の場合は、ひとまずインスタグラムをやりましょう

では、なぜインスタグラムなのか?

インスタグラムの理由
  • 誰でも簡単に写真を投稿できる
  • 今やインスタでお店の検索をする

理由はたったの2つですが、これにはかなり深い意味もあります

ほんの数年前までは、多くの人が「食べ物」や「衣服」、「商品」といったモノを検索する時にはYahoo!やGoogleなどを使って検索するのが主流でした。

ですが、今やこれらの情報を検索するのに使われているのが、実はインスタグラムなんです

例えば、美味しいパンケーキを食べに行こうと友達同士で話題になったとします。

sns

「パンケーキ」と検索すると、何やら美味しそうなパンケーキの写真がズラーっと出てくるんですよね。

そして…

このパンケーキの写真、すごく美味しそうじゃない!?
美味しそう!今度、このお店に行ってみようよ!

…と、こんな感じでお店を決めたりするんです。

最終的にはお店の情報をネットで調べて行くと思いますが、「お店に行くキッカケ」はインスタグラムで検索してからという流れが主流となっています

ですから、もしインスタグラムを知らないという店舗運営者の方がいたら、すぐにでも始めないともったいないです。

「いいね」は売り上げとは関係ない

インスタグラムも含めて、SNSを始めると「いいね」の数が気になってくるんじゃないでしょうか

「いいね」がたくさんつくと、それだけ気に入った人がいるんだと嬉しくなるもんです。

ただ、「いいね」がついたからといって売り上げに関係するかというと、別にそうではないんです

sns

なぜかと言うと、ボタンを押す行為と商品を買おうとするアクションは別物だから

もう1つ言うと、ボタンを押したことによりお客さんが「満足」してしまう可能性もあるんです。

もちろん逆もあって、「いいね」や「シェア」が全然ないのに売り上げが好調になるなんてこともあるでしょう。

何が言いたいのかと言うと、「いいね」は人が起こす購買アクションとは全く関係なく、多く押されたり押されなかったりするものなんです。

しかし、多くの運営者が「いいね」が増えるように頑張り始めてしまうんです

本来は「売り上げを増やす」ことが目的だったにも関わらず、いつの間にか「いいねを増やす」ことが目的と変わってしまう。

これが、SNSのワナでもあります

なんたって、承認欲求を満たすことができる最高のツールですから。ハマりやすい人は、この「いいね」のワナから抜け出せなくなってしまうでしょう。

SNSは自分がするんじゃない

「SNSをやっていないなら、すぐにでも始めましょう!」と冒頭で言いましたが、なにも1日に何回も写真を投稿しろとは言っていません。

むしろ、自分ではあまり扱う必要はないです

「始めろ」と言っておきながら、「あまり扱う必要がない」なんて何を言っているんだと思っちゃいますよね。

「最近の人がする検索の仕方」として説明したと思いますが、今や自分の知らない所で世界中の人が写真を撮ってはインスタグラムに投稿しています。

sns

投稿する時には、ハッシュタグや場所情報を一緒に

そして、世界中の人が勝手にインスタグラムで検索して、美味しそうなパンケーキがあればお店へ行くワケです。

もう、分かりました?

店舗を運営する人自体はインスタグラムを頑張って投稿する必要はなく、写真映えするようにしたり、「#パンケーキ」や店舗名などを店先に掲げれば、お客さんたちが勝手に情報を増やしてくれるワケです

そして、たまに新商品の写真やお休みの日を投稿したりすれば、簡単にお客さんへ告知することもできます。

店先などに何もしてなかったという方は、ぜひやってみてください

さいごに

インスタグラムは非常に便利ですが、店舗が自分で投稿してしまうとむしろ「ただの広告か…」と思われてしまう可能性があるんですよね

それより、一般の人の生の声を知りたいというのが主流となっています。

これまでSNSとは無縁だったという人も、ぜひ試してみてください。