マグロ好きな人集まれ!観覧車や鳥類園も近くにある葛西臨海水族園【バーベキュー好きも】

今回の「Enjoy 東京」で紹介するスポットは、JR京葉線の葛西臨海公園駅からアクセスできる水族館「葛西臨海水族園」です。

「葛西臨海水族園」は葛西臨海公園内にあり、他にも観覧車・バーベキュー広場・鳥類園もあります。実は隣の駅が舞浜駅ということもあり、鳥類園の奥まで行くと「東京ディズニーランド」が見えます。

葛西臨海水族園の魅力

水族館に行ったら、見たい魚や動物ってなんですかね?

イルカ?アシカ?

そんなモノは、葛西臨海水族園にはいません。笑

もちろん、イルカもアシカもいないのでシューもありません。

でも、葛西臨海水族園は世界的にも有名な水族館なんです

猛スピードで泳ぐ姿が圧巻!

葛西臨海水族園と言ったら、目玉は「マグロ」です。

tokyosealifepark

「なんだよ、マグロかよ」って思うかもしれませんが、実はマグロが展示されている水族館は日本国内には鹿児島の水族館と葛西臨海水族園の2つだけ。

しかも、マグロが回遊している珍しい水族館でもあるので世界的に有名なんです

マグロの水槽へ行くのにオススメな時間は、14:30から始まるエサやりの時間。エサが放り込まれると、マグロたちが一斉に群がる姿は圧巻です!

入り口の建物が写真映え!

京葉線に乗っていると、葛西臨海水族園の入り口であるドーム型の建物が見えます。しかもその脇には池があるのですが、まるでインフィニティプールのように海へ繋がっているかのように見えます。

海に近いので風が強いこともから、こんな風に写真が撮れることは少ないと思いますけどね。

入園料金がめちゃ安!

水族館って料金が割と高いイメージなんですが、そこは東京都が運営しているだけあって安いんです。都内の水族館と比べてみると…

水族館大人料金
葛西臨海水族園700円
すみだ水族館(東京スカイツリータウン)2,050円
マクセル アクアパーク品川2,200円
サンシャイン水族館2,200円
しながわ水族館1,350円

こう見ると、めちゃ安ですよね

葛西臨海水族園で遊んだ後に

別に前でも良いんですが、水族園は葛西臨海公園内にあって、他のも遊んだりするスポットはあります。友達と行くも良し、家族で行くも良し、恋人と二人で行くも良し、水族園以外も合わせてスケジュールを決めてみましょう。

都心や富士山などが眺められる観覧車

2016年までは日本一高い観覧車として毎日回っていた「ダイヤと花の大観覧車」。周りに何もないため、東京都心はもちろんのこと、富士山や海ほたるを見ることができます。

tokyosealifepark

水族園のチケット見せると、1割引で観覧車に乗ることができるよ!

カメラ小僧?おじさん?がいっぱいる鳥類園

葛西臨海公園の東京ディズニーランド側に行くと、「鳥類園」があります。鳥のことを配慮してか、辺りはとても静か。

View this post on Instagram

@hiokonokoがシェアした投稿

ただ、休日ともなると鳥を写真におさめるために、バズーカ的なカメラを持った人たちがたくさんいます。個人的には、鳥よりすごいカメラを持っている人の方が気になってしまいます。

友達とバーベキューで盛り上がる!

最近バーベキューのできる場所は増えてきましたけど、海は近いし、水族園はあるし、都内からもアクセスが簡単ということで人気なスポットですね。

ただ、周りに食材を購入するような場所は皆無なので、それだけご注意くださいませ。

さいごに

葛西臨海公園駅が東京ディズニーランドがある舞浜駅の隣ということもあり、ランドで入場規制がかかるとドッと流れ込んでくることがあるみたいです。

あと、幕張でイベントがあるような時には京葉線が混みますね。まあ、そんな時もたまにあります。

この記事で紹介したスポット「葛西臨海水族園」
tokyosealifepark

住所: 東京都江戸川区臨海町6-2-3
営業時間:9時30分~17時(入園は16時まで)
定休日:水曜日(水曜日が国民の祝日や振替休日、都民の日の場合は、その翌日が休園日)