上野動物園が混雑している時は弁天門がオススメ!【ひとまず入園する方法】

今回の「Enjoy 東京」で紹介するスポットは、日本国内では数少ないパンダに出会える「上野動物園」です。

あまりにも有名な「上野動物園」なので紹介する必要もないんじゃないかと思うかもしれないんですけど、あまり知られていない入口などを紹介したいと思います

日本で最初の動物園「上野動物園」

「上野動物園」は、国内で最初に開園した動物園。しかも、国内で最初の水族館「うおのぞき」も「上野動物園」内にありました。

uenozoo

上野動物園は、1882(明治15)年に農商務省所管の博物館付属施設として開園した、日本で最初の動物園です。1886(明治19)年には宮内省所管になり、1924(大正13)年には皇太子殿下(昭和天皇)のご成婚を記念して、東京市に下賜されました。
引用元:上野動物園の歴史

私も子供の頃に「上野動物園水族館(元:うおのぞき)」に行った記憶がありますが、92年に閉館して今の葛西臨海水族園へ移設されています。

そして、「上野動物園」にはもう1つ国内最初のものがあります。それは、西園と東園をつなぐモノレール

uenozoo

実はこのモノレールは老朽化がすすみ、今年の11月1日から休止する予定なんです。しかも、復旧する目処が立っていない休止。

これまでにも車両の老朽化によってリニューアルをしてきたようなんですが、どうやら新しく車両を作る費用が今回からとても高くなってしまったことが原因のようで、その費用をどうするかが検討されているようです。

パンダのふるさとゾーン(仮称)建設中

「上野動物園」と言えば「パンダ」なんですが、今現在は東園である表門を入ってすぐのところで過ごしています。入口を抜けるといつも行列ができているので、「うわっ!」となりますよね。

そんな人気の「パンダ」も西園に移す作業が始まり、ちょうどモノレールの西園駅の裏側あたりに「パンダのふるさとゾーン(仮称)」を建設中。

uenozoo

>> https://www.tokyo-zoo.net/topic/topics_detail?kind=news&inst=ueno&link_num=24918

「パンダ」にとって、より良い環境で過ごせるような場所が出来上がると良いですね。

混雑時は弁天門がオススメ!

「上野動物園」は連休ともなると、とんでもない混雑に見舞われます。GW になると、多い時では入るのに2時間待ちになるのだとか。

ただ、いつも行列ができているのって「表門」だけなんですよね。私の場合は、そのスゴイ行列を横目にさらっと別の入口から並ばずに入ります。

というのも「上野動物園」は「表門」の他に、「弁天門」と「池之端門」という入口があります

uenozoo

>> https://www.tokyo-zoo.net/zoo/ueno/directions.html

上野駅から「池之端門」は真逆になるので遠いのですが、実は「弁天門」は京成上野駅から数分で着くような場所にあります。

どうしても「上野動物園」に行く時は「公園改札」から行きたくなってしまいますが、アトレやアメ横などへ向かう「中央改札」から出れば、「弁天門」へすぐに向かうことができます。

もし「表門」の行列を見て入れる気がしないと思った場合には、「弁天門」まで行ってみてください。オススメです。

さいごに

パンダを見るためには「表門」から入りたいかもしれませんが、午前中は90分待ちくらいだったのが夕方になると60分待ちくらいに減ることがあります。

やはり、誰もが最初からパンダを見たくてくるのでしょうからね。

パンダは見れたら見ようかなってくらいの人の場合は、ぜひ「弁天門」も利用してみてください

この記事で紹介したスポット「上野動物園」
uenozoo

住所: 東京都台東区上野公園9-83
営業時間:9時30分~17時(入園および入園券・年間パスポートの販売は16時まで)
定休日:月曜日(月曜日が国民の祝日や振替休日、都民の日の場合はその翌日が休園日)