ホームページの制作費用と料金の相場は?金額の違いは作り方にあった!

自分のお店や会社のホームページが欲しいと思ってネットで調べてみると、制作費用にバラつきがあって困ったという経験をした人もいるんじゃないでしょうか

ある会社では40万円からとなっているのに、他の会社では5万円からとなっていたり。

安い費用で制作に失敗するのも嫌だし、だからと言って高い費用を払って制作してもらうのも少しばかり躊躇してしまうというのが正直なところだと思います。

結論から先に言うと、ホームページを作る方法って1つじゃないんですね。

その違いを理解してから制作会社を探すと、費用が妥当かどうかも分かり、安心して制作を依頼することができるようになります

それでは、求めているホームページを持つのに適した相場はいくらなのか解説していきましょう。

ホームページが欲しい理由は?

ホームページを持つ理由は、2つに分けられると思います。あなたは、どちらのタイプですか?

理由
  • 目標達成のために作る
  • とりあえず作る

どちらが正解というわけではなく、ホームページをどのように活用したいかによって依頼するタイプが決まってくるんですね。

website

とりあえずホームページが欲しいって人は、お金をかける必要がないですから。無料のサービスだったり、格安のクラウドサービスに依頼するという手もあります。

目標を達成するためにホームページが欲しいって人は、さらに目的によってかかる費用が違ってきます

ホームページ制作の作り方の違い

ホームページとひとくくりで言っても、大きな括りとして2つの作り方があります

作り方
  • 1から全て作るタイプ
  • テンプレートを使って作るタイプ

このコトを知っているだけで、会社選びがだいぶラクになります。

なぜかというと、「1から全て作るタイプ」と「テンプレートを使って作るタイプ」では大幅に費用が変わってくるからなんです

また、オリジナル性やランニングコストも大きく変わってくるので、この違いはしっかりと理解しておくと良いでしょう。

1から全て作るタイプ

website

ホームページはもともと1から作るものだったので、このタイプが従来の作り方と考えてもらえればOK

1から作るというのは、ホームページを表示させるための専門言語「HTML」などを駆使して構築していくというもの。

枠や色なども全て英数字で指定していかなければならないので、膨大な時間と労力がかかってしまうんですね

そのため、このタイプは100万円以上となってしまうことも少なくありません

ただし、オリジナル性は非常に高い。

だって、「1から作る」作るんですから。表示の細かい注文ができるため、世界に1つだけのホームページを作りたいという人は費用がかかっても「1から全て作るタイプ」を依頼すると良いでしょう。

テンプレートを使って作るタイプ

website

近年主流となりつつあるのが「テンプレートを使って作るタイプ」。俗に、CMS(コンテンツ管理システム)と言われるもの

特に有名なのが、WordPressWixJimdo。一度は、聞いたり見かけたりしたことがあるんじゃないでしょうか。

これらは、ホームページの大枠がすでに作られているので、少ない工程で制作することができます。

そして文字や画像に関しては、専門的な知識がなくても更新することができるというのが最大のポイントでもあります

ただ既存のテンプレートを使うことになるので、ある程度カスタマイズはできるものの、完全にオリジナルなホームページにすることは難しくなります。

でも、WordPressなどホームページを依頼するならば20万円前後でお願いできるので、金銭面ではかなりお得に作ってもらうことができます

ホームページ制作の相場は?

website

ホームページを作ってもらうとどのくらいの費用がかかるのか分かってきたと思いますが、もう少し細かく見ていきましょうか。

制作タイプ相場
1から依頼するタイプ30万円〜100万円以上
CMSでテンプレードのまま依頼するタイプ5万円〜15万円
CMSでカスタマイズして依頼するタイプ20万円〜30万円
ネットショップのサイトを依頼するタイプ40万円以上

WordPressなどのCMSを使ったホームページの制作だったとしても、それをカスタマイズしたりネットショップ向けにしたりすると費用が上乗せされます。

目的から探す場合は?

相場についてだいたい分かってきたと思いますが、ホームページをどのような位置付けで運営していくのかで費用も少し変わってきます

ただの名刺代り

website

ホームページで何をするってわけじゃなく、お店や会社の存在だけを示したいという場合には、テンプレートをそのまま使って文字情報だけ載せれば安く済ませられるでしょう。

また集客を考えているわけではないのならばSEO対策に力を入れる必要もないので、単純にホームページを作ってもらうだけで良いと思います。

デザインだけでもオシャレにと考えて1から制作しても良いですが、CMSでも5万円〜15万円くらいで十分にオシャレなホームページを作ることもできます

集客用として

website

「商品を知ってもらいたい」「お問い合わせを受け付けたい」という場合には、ページ数が増えたりSEO対策を施す必要があるので「ただの名刺代り」よりは費用がかかります。

1から作ってもらったとしたら30万円前後、CMSの場合には20万円〜30万円が相場といったところでしょう

もし集客を考えている場合には、なるべくSEO対策に詳しい制作会社に頼むようにしましょう。いくらデザインが良くても、集客できなければ意味がありませんからね

ネットショップとして

website

ネットショップとしてホームページを制作依頼する場合は、ある程度の覚悟をしておきましょう。というのも、割と高額になる傾向にあるからです。

さらにカード決済ができるようにしたりすると、利用料金などランニングコストも必要となることも知っておかなければなりません。

最近では、Base」など無料でネットショップを始められるサービスもあるので、集客用のホームページを低額で作って「Base」と併用して運営する人も増えています

ランニングコストについて知る

ホームページは、制作すれば終わりというわけではありません。サーバー代やドメイン代、修正やメンテナンスなどに費用が毎年・毎月かかることを知っておく必要があります

また、利用するタイプによってこのランニングコストも大きく変わってくるので、参考にすると良いでしょう。

サーバー・ドメイン代

HTMLやWordPressを使ったホームページの場合には、毎年サーバーとドメインの費用が追加されることを知っておきましょう。

ページの更新費用

HTMLで作られたホームページの文章や画像を変える場合には、それなりの知識が必要となります。そのため、制作を依頼した会社などに変更をお願いすることが一般的だと思います

その場合、1ページ辺り平均して2〜3万円。WordPressなどのCMSの場合は、5000円〜2万円が相場です

ただ、CMSの場合には少しの知識があれば自分で更新することも可能なので、更新費用を抑えることもできます。やる気次第ですけどね。

常時SSL費用

ネットショップはもちろんですが、集客が目的なホームページは「常時SSL対策」が必要となってきます。簡単に解説すると、安全なサイトですよと証明することです。

これも証明の発行と導入には費用がかかるので、知っておく必要があります。

常時SSL化とは?見分け方を知って、安全なネット利用を

制作の依頼先は?

ホームページの制作を依頼できるのは、「制作会社」と「フリーランス」の2つ。どちらもメリットとデメリットがあるので、自分のスタイルにあった依頼先を選ぶと良いでしょう。

制作会社:40万円〜100万円から

website

制作会社によって規模も少し違ってきますが、病気などによる延期や音信不通などの心配はありません。会社によっては分担制になっているので、エキスパートたちが勢力をあげてホームページを制作してくれます。

ただし多くの人が携わることになるので、それだけ人件費や設備費などがかさんで高くなってしまいます

フリーランス:15万円前後から

website

フリーランスは、納期や費用の融通が利くという傾向があります。1人または少人数で制作するので、制作会社より費用が抑えられるのも特徴の1つでしょう。

ただしトラブルが起こった時は、サポートが十分ではないかもしれないという不安な面もあったりします

さいごに

ホームページ制作にかかる費用の相場と費用が左右される要因について解説してきましたが、いかがだったでしょうか?

とりあえずお店の情報をどこかに表示させたいと思っている人は、無料でホームページを制作できるサービスを利用したりGoogleマイビジネスに登録するのもオススメです

どこに依頼しようかまた迷った時は、この記事を思い出してくださいね。