Googleマイビジネスとは?店舗経営者が絶対に知っておきたいサービス

Googleが無料で数々のサービスを提供してくれているんですが、その中に店舗経営者が知っておいて損がない「Googleマイビジネス」というモノがあります

参考 GoogleマイビジネスGoogle

でも、なぜ「絶対に登録するべし!」とは言わずに「絶対に知っておきたい」という言葉に留めたのか…

それは、経営者によってはサービスの一部に「デメリット」があると捉える人もいるからです

ただ絶対に知っておいた方が良いサービスなので、登録方法なども含めて解説していきましょう!

デメリットをメリットに変える方法も紹介するから、さらっと読んでみてね!

Googleマイビジネスとは?

「Googleマイビジネス」というサービスは、店舗を経営したりしない限りは全く知っている必要のないようなサービスでもあります。

googlemybusiness

ただ、多くの人は知らず識らずのうちに目にしたり利用したりはしています。

どのような場面で目にしているのかというと、「Google検索」を使って店舗や商品、サービスを検索した時

商品などからお店を探す場合

お店の名前を覚えている場合もありますが、大抵は「商品」を探すというコトで検索を使う人が多いはずです。

例えば自分が「東京」に住んでいて、「ケーキ」を食べたいと思った時…

東京 ケーキ

のように「商品」「場所」を複合した検索をしますよね。

すると、Googleマップ主体でお店の一覧が、何よりも最初に表示されることがあります。

googlemybusiness

何よりもって、公式ホームページや食べログなんかよりもです

実は、この地図で関連する店舗が表示されるのが「Googleマイビジネス」によるモノになります。

店舗を直接検索した場合

普段からよく店舗へ行っている人なら場所を調べる必要はなかったりしますが、「営業時間」までは覚えてなかったりしますよね。

「今日は帰りが遅くなるから、何時までお店がやっているのか知りたいな…」

そんな時はズバッと「店舗名」を検索すれば、公式ホームページも表示されて「営業時間」もチェックすることができますよね。

ただ、検索してみると公式ホームページに入るまでもなく、営業時間が表示されているじゃないですか

googlemybusiness

スマホなら1番最初に、パソコンなら右側に。

そう、これも「Googleマイビジネス」の仕業です

言われてみると、確かに最近よく見かけるな〜という画面だったと思います。

ここで「ん!?」と思った感の鋭い方は、そのコトを次でお答えしましょう!

Googleマイビジネスがトップに?

「Googleマイビジネスって見たコトある〜」という人は多かったと思いますが、先ほどの解説時に「何よりも」「1番最初に」という言葉が気になった人がいるじゃないでしょうか。

そう、頑張ってSEO対策した公式ホームページを作ったとしても、「Googleマイビジネス」に登録している店舗は公式ホームページよりもトップで表示される可能性が高いんです

googlemybusiness

逆にいうと、他に競合店舗があって通常の検索では埋もれてしまったとしても、「Googleマイビジネス」に登録している店舗は一覧から見つけてもらえる可能性があります

「Google」の考え方でもあるんですが、誰もがスムーズに知りたい情報を知れるように、店舗の場所や営業時間といった内容をすぐ確認できるようにしようしているわけです。

そんなコトを知ってしまうと、高いお金を払ってSEO対策してもらったり、そもそもホームページなんか作る必要なかったんじゃないかとも思う人も中にはいると思います。

だって、「Googleマイビジネス」に登録すれば最初に店舗情報が表示されるようになるんですから

とはいえ、もちろんデメリットもあるんですよ。

Googleマイビジネスで出来るコト

「Googleマイビジネス」のデメリットを紹介するうえで、先にどんなコトが出来るのかをもう少し細かく紹介していきましょう。

ざっくり紹介すると、このようなコトができます。

  • 営業時間の表示
  • 住所の表示
  • 電話番号の表示
  • お店までの経路案内
  • ウェブサイトへのリンク
  • 口コミ
  • 質問・回答
  • 写真の投稿
  • 記事投稿

これだけでも、かなりの店舗情報を表示させることができますよね。

では、各々の内容をもうちょっと詳しく見てみましょう。

営業時間の表示

そのまんまなんですけど、「営業時間」を表示させることができます。

営業時間を表示させるなんて他のサービスでもできるんですけど、営業していない時間になるとちゃんと「閉店中」と表記が変わるようにもなっています。

もちろん、営業している時間帯は「営業中」と表示されます。

そして祝日や臨時に休業する日がある場合でも、事前に登録しておけば終日「閉店中」とお知らせすることもできます。

祝日だと、事前に「祝日は営業していますか?」という確認メールが届くから漏れなく安心!

住所の表示と経路

実店舗にとっては、何よりもお店に来てもらうことが大事ですからね。住所はしっかりと表記したいもの。

「Googleマイビジネス」では住所を登録すると自動的に「Googleマップ」にも連動されるので、お客さんは手間なく場所を把握したり「経路」も案内してくれます

電話番号の表示

「Googleマイビジネス」では、店舗の「電話番号」を表示させることができます。

もちろん表示させるだけではなく、番号をクリックだけで電話をかけられるようになっています。

ウェブサイトへのリンク

すでにホームページを持っているような店舗であれば、公式なサイトとしてリンクを登録することができます。

ただ、ホームページなどがない場合ですよね…

実は、「Googleマイビジネス」では無料でシンプルなホームページを作成することもできるんです

もちろん簡易的なホームページとなるので、「とりあえず」作っておこうという方向きではあります。

口コミ

「Googleマイビジネス」では、「口コミ」機能も備わっています。

最近では「Googleマイビジネス」の口コミは信憑性があって、某口コミサイトより信頼がおけるとも言われています

ただ、このコトを「デメリット」と感じる経営者も少なくないようです。

この「口コミ」については、後ほど「デメリット」の部分でも詳しく紹介します。

質問・回答

店舗へ訪れる前に知りたいことがあれば、質問することもできます。

まあ経営者に気づいてもらうことが前提となりますが、「Googleマイビジネス」をしっかりと活用している経営者であればすぐに回答ももらえるでしょう。

写真の投稿

ホームページを製作会社に作ってもらったりしていると、なかなか新しい写真を更新も出来なかったりもしますよね。

まあ、SNSを活用している店舗であれば問題ないかもしれませんが…

「Googleマイビジネス」にも、商品や店舗などの写真を投稿してお客さんに見てもらうことができます。

記事の投稿

「Googleマイビジネス」には、ブログのような機能もちゃんと付いています。

そのため、新しいサービスの開始や新商品の案内、店舗で起こった事柄などをお客さんに伝えることができます。

知っておくべきデメリット

「Googleマイビジネスって便利だから、さっそく登録しよ!」という方は、ちょっと待ってください!

無料だし至れり尽くせりだし、登録しない理由が見つからないように思いますが、「デメリット」もあるので登録前に理解しておくと良いでしょう。

googlemybusiness

Googleのみ

何度も「Googleマイビジネス」と言っているように、「Google 検索エンジン」を使って検索する場合にのみ表示されるモノになります。

そのため、「Yahoo!」や「goo」などといった別の検索エンジンで検索された場合には表示されません

統計として高齢者は「Yahoo!」を使う傾向にあるようなので、高齢者向けの商品を扱っているお店だと登録しても効果が薄いという場合もあるかもしれません。

実店舗に効果あり

「Googleマイビジネス」は「店舗」や「事務所」、「会社」の住所が存在する場合に限り効果があるサービスとなります。

すなわち、オンラインのみのサービスは登録してもあまり意味がないという感じですね

でも「実店舗」があるなら検索される頻度が増えることは間違いないので、登録をするコトを検討する方が良いでしょう。

コントール不可

「Googleマイビジネス」において最大のデメリットが、投稿されたモノをコントロールできない部分があるというコト

そして最もデメリットとしてあげいてる人が多かったのは、「口コミ」の部分なんですよ。

他の口コミサイトと比べ誰でも簡単に口コミが書けるだけあって、予想もしないような辛口コメントを書かれる場合もあります

ただでさえ検索すると目立つところに表示されてしまうので、よくない口コミを書かれては困ると考える経営者も少なからずいるんじゃないでしょうか。

また、「画像」は経営者に限らずお客さんも投稿することができるんですが、「Googleマイビジネス」に表示される画像の順番を設定することができません

「口コミ」と「画像の順番」は簡単には設定できないということから、登録するのを保留している方もいるようです。

デメリットの解決法

デメリットとしてあげた中に、問題をある程度解決させる方法もあります。

画像を自分で投稿

お客さんも画像を投稿することもできますが、基本的にはオーナーが投稿した画像を優先して表示するようになっています。

好みの画像と違うような写真をお客さんに投稿された場合に備えて、しっかりと経営者側として写真を投稿していきましょう。

口コミには返信

口コミがリアルであるがために、思ってもない内容の口コミを投稿されることもあるでしょう。

そんな時は「誠意」をもった返信をすると、ネガティブな口コミも逆に好意を持ってもらえる内容にもなります

「Googleマイビジネス」へ登録した場合には、ネガティブな口コミがあった時ほど迅速に対応すると良い評価に繋がるでしょう。

Googleマイビジネスの登録方法

「Googleマイビジネス」について色々と紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

実店舗や事務所などがあるようであれば、登録してしっかりと運用することによって訪問者の増加につながることは間違いないです。

googlemybusiness

ただ、紹介したようにデメリットもあるので、そこらへんを理解した上で登録したいという方は、下記の手順を参考に登録してみてください。

Googleマイビジネスの登録手順

「Googleマイビジネス」の登録には、2パターンあります。

まずは最初に、「Google検索」を使って自分が経営している店舗が出てくるのかを確認してみましょう

というのも、すでに自動で作られているケースもあるんですよ。

もし表示されたなら登録は簡易バージョンに、表示されない場合には新規での登録となります。

Googleアカウントにログインしてから設定しよう!

表示された場合

STEP.1
Googleで検索して自分のお店が表示された場合には、中央にある「このビジネスオーナーですか?」という部分をクリックします。

googlemybusiness
STEP.2
店舗名などが入力された状態で入力項目が表示されるので、店舗情報に変わりがないかを確認しながら手続きを進めます。

googlemybusiness
STEP.3
最後は「登録コード」を発行して、完了となります。「登録コード」を受け取るには電話・郵送・メールなどがありますが、人によって使える条件が変わります。表示された中から選んで、「登録コード」を受け取りましょう。
STEP.4
「電話」を選択した場合には連絡をまち、郵送を選択した場合には1〜2週間ほど待っていてください。「登録コード」が分かったら、「Googleマイビジネス」にログインして登録を完了させます。

すでに店舗が自動で表示されている場合には、幾分か選択肢などが多いです。

次に、表示されなかった場合の新規登録の方法を紹介します。

表示されなかった場合

STEP.1
Googleで検索して自分のお店が表示されなかった場合には、「Googleマイビジネス」にアクセスして「ご利用を開始」をクリックします。

googlemybusiness
STEP.2
これから登録するための店舗名や住所などを入力します。入力項目自体は少ないので、案内通りに入力を済ませます。

googlemybusiness
STEP.3
最後は「登録コード」を発行するのですが、郵送での受け取りとなります。
STEP.4
1〜2週間ほど待って「登録コード」が記載された手紙が届いたら、「Googleマイビジネス」にログインして登録を完了させます。

Googleマイビジネスの活用方法

「登録コード」を入力して全てを完了させたら、管理画面から様々な設定や追加ができるようになります。

広告を表示

ちょっと面倒なインターネット広告なのですが、「Googleマイビジネス」に登録すると「広告表示」を手軽に始めることができます。

もちろん「広告」をうつことで費用が発生するので、その点だけは注意してくださいね。

ただ、「広告」も設定の仕方によって効果はありますので、興味がある方はぜひ利用してみてください。

バーチャルツアー

周囲を360度動かしながら見られる動画などを見たことがあると思いますが、「Googleマイビジネス」ではそんな動画を表示させることもできます。

お店の雰囲気を体験してもらいたい場合には、有効かと思います。

最近では、自分でも簡単に360度動画を撮れるようにもなってきたのでぜひ試してみてください。

インサイト

どのくらいのお客さんが、自分のお店の「Googleマイビジネス」を見てくれているのかを確認することもできます。

登録したメールにも結果が届くので、分析しながらさらに集客できるよう対策できますね。

Googleマイビジネス番外編

「Googleマイビジネス」の概要や登録方法をさらっと紹介しましたが、それ以外に気になるようなコトも紹介しておきましょう。

削除もできるの?

アカウント情報やビジネス情報を削除することはできます。ただ、お店としての掲載は残るようです。

変更が上手にできない場合は?

設定などが上手にできなくて困っている場合には、ちゃんとヘルプがあります。やり方が分からない時には、ぜひ参考にしてみてください。

参考 GoogleマイビジネスヘルプGoogle

さいごに

登録時の入力内容はたまに変わったりするので少し端折りましたが、サービス内容を入力するだけなのでそんなに困ることはないと思います。

店舗経営されている方、事務所を持っている方、会社を運営している方、個人で事業を行なっている方、「Googleマイビジネス」なんて知らなかったという場合には、ぜひ参考にしてみてください。