<<お知らせ>> 期間限定でキャンペーン実施中!

WordPress「国産」無料テーマ おすすめ9選!初心者必見

WordPress は、おしゃれで綺麗なテーマ(テンプレート)がたくさんあるがゆえに、どれにしようかと迷う人も多いんじゃないでしょうか。

しかも、「無料」で配布されているテーマもあれば、「有料」で販売されているものまでありますからね。

「無料」と「有料」のメリット・デメリット

テーマを紹介する前に、WordPress 初心者のために簡単な「無料テーマ」と「有料テーマ」のメリット・デメリットについて紹介していきましょう

まずは「無料テーマ」から…

無料テーマのメリット・デメリット

何と言っても、「無料テーマ」は文字どおり「無料」。これは、大きなメリットです。金銭的なリスクが全くないので、WordPress を運営する人のほとんどは最初に「無料テーマ」から始めていると思います。

ただし、「無料」だからこそのデメリットもあります。

サイトデザインを css や html で設定する必要があったり、SEO対策が施されていなかったりすることが多いです。しかも、無料配布なのでサポートを受けることもできません

bfm
メリット
  • 無料で始められる
  • 金銭的リスクがゼロ
  • 気兼ねなくテーマを変更できる
デメリット
  • ある程度知識が必要
  • 自分でSEO対策が必要
  • サポートがない

有料テーマのメリット・デメリット

「有料テーマ」は、相場として5千円から2万円といったところ。やはり、「サーバー」「ドメイン」と料金を払ったばかりで「テーマ」にまでお金を払うというには躊躇する初心者も多いんじゃないでしょうか

ただ、「有料」であるのにはワケがあるんですよ

専門的な知識がなくてもテーマをカスタマイズできたり、SEO対策がすでに施されていることが大半。そして、設定方法がわからない時に手助けとなるサポートも付いています。

そのため、初心者ほど「有料テーマ」を使った方が良いという意見は多いです

bfm
メリット
  • 専門的知識をあまり必要としない
  • SEO対策が施されている
  • サポートがある
デメリット
  • 料金が高い
  • 人気のテーマは人とかぶる
  • 逆に細かいカスタマイズが難しい

今話題の「国産」無料テーマ

「なんだ、結局有料テーマの方が良いって言いたいの?」と言われそうですが、もちろん「無料テーマ」にもスゴいのがいくつかあるので紹介していきたいと思います。

特に、今回の記事では「国産」にこだわっております

なぜなら、「国産」だけあって日本人にとって「痒い所に手が届く」ようになっているからです

「これって有料じゃないの?」と思わず言いたくなるような「無料テーマ」が登場しますので、今まさに「テーマ」を何にしようか迷っている人は参考にしてみてください。

bfm

超初心者向け「Simplicity2」

WordPress利用者で知らない人はいないテーマの1つに、「Simplicity」があります。WordPressどころか、ブログなどが初めてという人には猛烈にオススメします

その理由としては、カスタマイズのほとんどをボタン1つで出来てしまうからです。若干設定項目が多くて大変とも言えますが、css などを使わなくても大抵のことはデフォルトの設定で完結します。

また、それぞれの設定などをどのように行えば良いのか説明書きも記されているので、手順通りに行えば初心者でも設定を行うことができます。

「Simplicity」を制作した「わいひら」さんが運営するブログ「寝ログ」を合わせて読んでいると、WordPress や SEO などについての勉強にもなります。

クオリティ高すぎ「LION」シリーズ

割と新しめのテーマですが、すでに人気がある「LION」シリーズ。ブログに特化した「LION BLOG」とメディアサイト向けの「LION MEDIA」があります。

美しいデザインもさることながら、デフォルト機能として「AMP」などにも対応。デモサイトを見て、これまで WordPress でブログを運営してきた人ほど「これで無料!?」と思わず言ってしまうでしょう

また「簡易お問い合わせフォーム」や「シェアボタン」、「目次」などの表示をプラグインなしで行えます。つまり、余計なプラグインを利用することなく必要な機能がデフォルトで備わっています。

初心者向けの話ではないですが、JavaScript(一部使用)を使っていないということもありサイト表示も早いです。

速さにこだわりまくってる「Luxeritas」

テーマを配布される前から開発者さんのブログは知っていたのですが、以前から「表示速度」にこだわっていた方が作っただけあって本当に早いです

設定内容も「Simplicity」と似たような感じなので、細かい設定はボタン1つで出来ますが項目は多いです。

開発者さんのブログを読むと分かりますが、テーマ的にも開発者の方もちょっとクセが強いので、ある程度の知識がある人向けであることを理解した方が良いです

でも「とにかく表示速度にこだわりたい!」という人は、ぜひ利用してみてください。

ちょっとおしゃれな「Sentry」

何もしなくても、そこそこおしゃれな感じなブログになる「Sentry」。デザインを考えるのが面倒だけど、おしゃれなブログにしたいという人には良いと思います

よく利用されるブラグインにも対応済みなので、有効にすると「テーマ」にあった感じのデザインで表示されるようにもなっています。

ただ、ボタン1つで設定できるような項目は少ないので、ある程度カスタマイズの知識がある人にオススメです。

人気すぎるテーマ「STINGER」シリーズ

とにかく昔から愛用者が多い無料テーマ「STINGER」。SEO対策にも定評があり、利用者が多いのでカスタマイズに関する記事も大量に出てきます

有料バージョンも販売されていますが、お試し版として「STINGER PLUS+2」が無料配布されています。基本的には同じ内容ですが、いくつかの機能が制限されているだけです。

また、骨組みだけの「STINGER8」もあるので、自分でこだわったカスタマイズを行いたいという人にはオススメです。

バズ部が開発した「Xeory」シリーズ

配布された時にはとても話題となった「バズ部」が開発した無料テーマ「Xeory」シリーズ。WordPress について何かと調べていると「バズ部」さんの記事がよく出てくるので、知っている人も多いと思います。

こちらは、コーポレートサイト向けの「Xeory Extension」とブログ向けの「Xeory Base」があります。と言っても、「Xeory Extension」をブログとして利用している方もいます。

「Xeory」シリーズもSEO対策にこだわって作成されていますが、デザインなどをカスタマイズするにはある程度の知識が必要となってきます。

個性的なフラットデザイン「Godios.」

ちょっと個性的なデザインのブログにしたい人にオススメな「Godios.」フラットデザインなので、こざっぱりとした印象のブログになります。

「Godios.」のウリの1つに「ページ遷移速度」があります。紹介サイトの冒頭に「突然ですが、このリンクをクリックしてくみてください」とあるのでクリックして見ると、速さを実感できます。

とてもシンプルなテーマなので、写真などを多く投稿するブログに良さそうです。

ビジネスライクな「Emanon」

どちからといえば Web集客をしたい「ビジネス用」なテーマ「Emanon」ですが、ちょっとスーツを着ているかのような立ち振る舞いができそうなブログを運営することができます

見た目もさることながら、「Web集客」をうたっているだけあって機能は充実。「関連記事」や「SNS」表示など、プラグインなしで設定することができます。

テーマ自体を気に入ってさらに機能を追加したくなった場合は、有料バージョンへアップデートすることも可能です。

人と違うブログになる「Gush5」

「人と同じは嫌い」という人にオススメな無料テーマ「Gush5」。携帯端末で見るとなんてことないブログですが、PC 画面で見ると他とは一味違うブログだということが分かります

とてもシンプルなデザインなので、どのタイプのブログでも活用することができます。ただ、表示が特殊なので最初は混乱するかもしれません。

さいごに

ここ数年で、有料にも劣らないような「無料テーマ」が続々と登場しています。この記事では「国産」にこだわりましたが、海外のテーマだとカッコいいデザインがたくさんあるので、そちらもチェックして見ると面白いです。

新しい「国産」無料テーマが登場次第、情報もアップデートしていきますね。