【完全初心者向け】WordPress(ワードプレス)の始め方【絶対に始められる】

「絶対に始められる」という強気なタイトルに「本当?」と半信半疑な人もいるかもしれませんが、この記事に書いてある通りやれば WordPress を始められるコトは事実です。

なにせ、この手順で毎月何個も WordPress を使ったサイトを立ち上げていますから。

ただ、PCが苦手な人がイキナリ始めようとすると、慣れない専門用語がたくさん出てきて諦めちゃう人も少なくないようです。

それって、もったいないですよね?

でも、これから紹介する「ポイント」を押さえておけば、必ず WordPress でブログを始めるコトができるはずです

専門的な用語も解説しながら、初心者でも必ず WordPress を始められるように紹介しましょう!

WordPress(ワードプレス)を始めるための手順

WordPress でブログを始めるためには、以下の手順が一般的に必要となります。


サーバーを契約する

ドメインを取得する

サーバーとドメインを設定

独自SSlを設定

WordPressをインストール

最低限の設定を

テーマをインストール

初めての人であれば1日仕事になってしまうかもしれませんが、慣れてくると作業時間としては1時間足らずで設定できるようになってきます。

WordPress用のサーバを契約する

  1. サーバーを契約する 今からココ
  2. ドメインを取得する
  3. サーバーとドメインを設定
  4. 独自SSlを設定
  5. WordPressをインストール
  6. 最低限の設定を
  7. テーマをインストール

「WordPress」を始める最初の準備として、まずは「サーバー」を契約しましょう

サーバーとは?

契約について説明する前に、「サーバー」が何かよく分からない人のために少し解説しておきましょう。(知っている人は飛ばちゃってください。)

「サーバー」と一言で表しても、実は種類がいくつもあります。

ですが、個人でブログを運営する時に紹介されている「サーバー」は、基本的に「レンタル」するタイプの「サーバー」となります

「レンタルサーバー」について調べていくと、よくこんな感じのものが画像で紹介されています。

server

ただ、こんなボックスを見せられてもあんまり理解できないんですよね。

なので、アナログ的に考えるとこんな感じになります。

cabinet

そう、オフィスなどにあるような「キャビネット」をイメージすると解りやすいと思います。

書いた書類をファイルに収めて、ファイルを名前順などに整理してキャビネットに入れておく。「サーバー」とは、まさにあれと同じような感じです。

それが、デジタル化してデータや画像に変わっただけなんですよ。

だから「サーバー」をレンタルするというのは、「キャビネット」を1段レンタルするようなコトと一緒だと覚えておいてください

どんなサーバーが人気か?

レンタルサーバーを検索してみると、どれにしたら良いのか分からないほどのサービスが出てきます。(サーバーをもう決めちゃっている人は飛ばしちゃってください。)

これまで私が利用してきたサーバーは、エックスサーバー、mixhost、さくらインターネット、ロリポップ、スターサーバー、GMOですが、やはり世間的にも一番人気の「エックスサーバー」が初心者にはオススメです

xserver

なぜ初心者に「エックスサーバー」がオススメなのか…

  • サポートがしっかりしている
  • 管理画面が分かりやすい
  • サーバーの速度が速い
  • 独自SSLが無料
  • 使っている人が非常に多い

サポートがしっかりしていて管理画面が分かりやすいというのは、とてもポイントが高いんですよ。

他のサービスの管理画面を見れば分かりますが、一発でしたいコトをどこから行えば良いのかわかるサービスは少ないです。

また、困った時に使っている人が多いのも強みです。「エックスサーバー」に関するコトなら、検索すれば誰かがだいたい記事にしているくらいですから。

そして、業界トップクラスのサーバー速度と独自SSLを無料で設定できるので、初心者には十分すぎるほどの内容と言えるでしょう

以上が初心者にオススメのサーバーとして紹介した「エックスサーバー」なんですが、「MixHost」も紹介しておいた方が良いサーバーの1つ。

MixHost」も最近人気のサーバーなんですが、なぜ人気なのかというと…

  • サーバーの速度がとても速い
  • 独自SSLが無料
  • サイトを作りたい放題
  • アダルトもOK

ブログというより、アフィリエイト狙いの人は最初から「MixHost」を契約するのがオススメです。

mixhost

というのも、「エックスサーバー」より速いうえにサイトを作りたい放題。そして、条件内ならアダルトサイトも作れるというのはスゴいとしか言いようがないです

しかも、「エックスサーバー」では独自SSLの設定を手動で行う必要がありますが、「MixHost」は自動で設定されるので手間が1つ少なくてラクでもあります。

ただ管理画面が少し特殊なので、慣れれば問題ないですが初心者の方もバリバリの副業狙いの場合には「MixHost」も選択肢に入れても良いでしょう。

サーバーの契約手順

例としてエックスサーバーの契約手順を紹介しますが、他のサービスも似たようなものなので参考にしてみてください。

Xサーバーの契約手順

STEP.1
Xサーバーにアクセス
まずは、「エックスサーバー」にアクセスします。

xserver

STEP.2
お申し込みフォームへ
エックスサーバーのサイトにアクセスしたら、「お申し込み」から「お申し込みフォーム」をクリックします。

xserver

STEP.3
新規申込へ
エックスサーバーを契約するのは初めてとなるので、「新規お申込み」をクリックします。

xserver
STEP.4
初期ドメインとプラン
初期ドメインは、無料で使えるドメインとなります。またサーバーにおけるメインのドメインとなるので、自分の好きなドメインを入力しましょう。

プランは、最初は「X10」で十分です。月に何十万アクセスにもなってサイトが表示されない事態が発生した時には、いつでもアップグレードできるので安心してください。

xserver
STEP.5
住所などを入力
あとは名前や住所などを入力後、確認してから「お申し込みをする」をクリックすれば完了です。

お申し込みが完了すると、契約内容が記載されたメールが登録したメールアドレスに届きます。

届いたメールにある「会員ID」と「パスワード」はとても重要なので、無くさないようにしてね!

サーバー利用料金の支払い

「エックスサーバー」も「MixHost」もそうなんですが、申込みをしてから10日間は支払い情報を設定しなくても利用することができます。

ただ、後からやっておこうと思ったら無料期間が過ぎてしまうこともあるかもしれません。

せっかく無料期間内に作成したブログも消えてしまうので、忘れずに初回の支払いをしておきましょう

MEMO
エックスサーバーでは、初回の支払いは必ず3・6・12・24・36ヶ月単位となります。

エックスサーバーの支払い手順

STEP.1
エックスサーバーにアクセス
まずはエックスサーバーにアクセスして、「インフォパネル」をクリックします。

xserver
STEP.2
インフォパネルへ
次に、申込時に送られてきたメールにあった「会員ID」と「パスワード」をここで入力します。

xserver
STEP.3
決済関連
「インフォパネル」が表示されたら、左側にあるメニューの「決済関連」にある「料金のお支払い」をクリック。

xserver
STEP.4
更新期間を選択
すると契約しているサービスが表示されるので、左のボックスにチェックを入れ、「更新期間」を選択肢たのちに「お支払い方法を選択する」をクリックしてください。

xserver
STEP.5
支払い方法を選択
次に支払い方法の一覧が表示されるので、クレカ・コンビニ払い・銀行振込・ペイジー決済から好きな方法を選択します。
銀行振込について
銀行振込を選択した場合、入金確認までに数日かかる場合があるようです。銀行振込をしようとしている人は、早めに手続きをしておいた方が良いですね。

自動更新について

「Xサーバー」では、初回の支払いを済ませた後にクレジットカードを登録すると1ヶ月単位での自動更新を設定することができます。

もし3ヶ月や6ヶ月単位での引き落としにしたいという人は、手動で手続きをするしかないよ。
STEP.1
エックスサーバーにアクセス
まずはエックスサーバーにアクセスして、「インフォパネル」をクリックします。

xserver
STEP.2
インフォパネルへ
次に、申込時に送られてきたメールにあった「会員ID」と「パスワード」をここで入力します。

xserver
STEP.3
決済関連
「インフォパネル」が表示されたら、左側にあるメニューの「決済関連」にある「カード自動更新設定」をクリック。

xserver
STEP.4
カード情報を入力
するとカード情報入力欄が表示されるので、引き落としに使うカード情報を入力し登録します。
STEP.5
自動更新の登録
登録を完了したら現在契約しているサービスの一覧が表示されるので、対象のプランのボックスにチェックを入れて、「自動更新の登録」をクリックすれば完了です。

支払いの設定が完了すれば、「サーバーの契約」は終わりです。

手続き自体はそんなに難しくなかったですよね?

それでは、次に「ドメイン」の取得に参りましょう!

WordPress用にドメインを取得する

  1. サーバーを契約する
  2. ドメインを取得する 今からココ
  3. サーバーとドメインを設定
  4. 独自SSlを設定
  5. WordPressをインストール
  6. 最低限の設定を
  7. テーマをインストール

「サーバー」を契約したら、次は「ドメイン」を取得しましょう。

ドメインとは?

「ドメイン」とは、簡単に言うと「住所」のようなもの

domain

自宅を思い浮かべてもらうと、区役所や郵便局にちゃんと「住所」を登録しておかないと様々な手続きができなかったり郵便物が届かなかったりしますよね?

考え方はこれと同じで、これから立ち上げるブログやサイトが「ここにありますよ!」と示すための「住所」である「ドメイン」を取得する必要があるわけです。

どんなドメインがオススメ?

「ドメイン」って「住所」だと説明した通り、他の人が使っているのと同じ「ドメイン」を取得することができません。

そのため、「ドメイン」は「早い者勝ち」なんですよ

しかも、ライバルは世界中の人。

ちょっと思いつくような「ドメイン」は、もう誰かに取得されていると思っていた方が良いほど。

取得したいドメインをいくつか考えたら、ひとまず誰かに取得されていないかを調べよう!

ドメインの長さは関係してる?

昔は「ドメイン」も短い方が良いと言われていましたが、基本的に直で入力する機会はないですからね。そんなに「ドメイン」の長さは気にする必要はないです。

ただ、記事をシェアしてくれたりした時にURLがスッキリしている方が見た目は良いですよね

もしシンプルなドメインが取得されている場合は、ハイフン(-)などを使ってみると取得できるケースがあります。

日本語のドメインは取れる?

実は、日本語の「ドメイン」も取得できます

ただ、WEBというのは基本的に英数字の世界となっているため、日本語で取得した「ドメイン」もあらゆる面で特殊な英数字に変換されて表示されることがあります。

そうなると、全く理解できないような「ドメイン」となり利用が難しいでしょう。

ただ、インパクトはありますよね。日本人なら、そういうサイトなんだとドメインを見ただけで分かるのですから。

サイト内容と関連してる方が良い?

途中で方向性を変えてもずっと同じ「ドメイン」を使っているブロガーさんなどもたくさんいるので、絶対にサイト内容と関連するような「ドメイン」を必ずしも取得した方が良いとは言えないでしょう。

ただ、関連した用語やブログ名などに合わせると方が分かりやすいですよね。

.comとか.jp の違いは?

「ドメイン」を取得するうえで最初に悩むのが、「.com」「.jp」という部分。

普通に生活しているうえでは気にも留めないような部分ですが、一応それぞれに意味があります。

.com商業・企業用(誰でも取得可)
.netネットワーク用(誰でも取得可)
.org非営利組織用(誰でも取得可)
.info情報提供者(誰でも取得可)
.bizビジネス利用者(誰でも取得可)
.co.jp商業・企業用(企業のみ)
.go.jp政府機関用(政府のみ)

上の表を見てもらうと分かるように、それぞれに用途があって、さらに個人では取得できないものもあります。

他にも数え切れないほどの種類があるんですが、世界的に最も多く使われているのは「.com」、そして「.net」となります。

「商品を売るわけじゃないんだけど…」という人でも、基本的に「.com」を取得すれば問題ないです

何より、誰もが耳馴染みがある「.com」なら安心っていうのがありますから。

ドメイン取得時の注意
他にも「.love」や「.tokyo」などといったものもありますが、2年目から値段が急に上がったりするので注意が必要です。取得する時に値段と合わせて、2年目以降の料金も必ず確認してくださいね
ドメインとは?初めて取得する時に知っておきたいポイント

ドメインの取得手順

「ドメイン」を取得できるサービスはいくつもあって、しかも「エックスサーバー」でも取得できるんですが、一番よく利用されている「お名前.com」での取得手順を紹介したいと思います。

domain

ドメインの取得手順

STEP.1
お名前.comにアクセス
まずは、「お名前.com」にアクセスします。

STEP.2
取得できるかチェック
サイトにアクセスしたら、さっそく考えておいたドメインを入力してみましょう。

domain
STEP.3
取得可能か確認する
すると、可能がどうか一覧で表示されます。メールのマークや「P」と表示されているのは取得できません。取得したいものが空欄であれば、ボックスにチェックを入れてください。すると、自動で「選択した商品」に追加されます。取得したいドメインが決定したら、「料金確認へ進む」をクリックします。

domain
STEP.4
新規登録する
すると、取得予定のドメインが表示された画面が表示されます。登録年数を選択できますが、「1年」のままで大丈夫です。そして、「初めてご利用の方」にチェックを動かしてから「メールアドレス」と「パスワード」を入力したのちに「次へ」をクリックします。

domain
STEP.5
会員情報を入力
あとは、会員情報を入力して支払い方法を設定後、「申込む」をクリックすれば「ドメインの取得」は完了となります。
MEMO
STEP4で取得予定のドメインが表示されいてる下に「Whois情報公開代行メール転送オプション」「ドメインプロテクション」というオプションがあります。
 
「Whois情報公開代行メール転送オプション」は今後ドメインを売りたい人向けのメールサービス、「ドメインプロテクション」はドメインを盗まれないようにする機能や取得したドメインを売りに出す広告ページを表示するためのものになります。
 
あまり必要のないオプションではありますが、ドメインの販売したい人は覚えておくと良いでしょう。

取得後にメールを確認

支払いなどが済んで「ドメイン」を取得できたら、登録したメールを確認しましょう。

これ、非常に大事です

というのも、このメールに送られてきた「会員ID」がないと何もできないので、必ずチェックしてください

そして、この後にすぐ「会員ID」が必要となります。

それでは、次に「サーバー」と「ドメイン」を紐づける作業をしましょう。

サーバーとドメインを紐づける

  1. サーバーを契約する
  2. ドメインを取得する
  3. サーバーとドメインを設定 今からココ
  4. 独自SSlを設定
  5. WordPressをインストール
  6. 最低限の設定を
  7. テーマをインストール

サイトを公開するうえで必要な「サーバー」をレンタルして「ドメイン」を取得したら、次は2つを紐づける作業をします。

まだ、「キャビネット」を借りて「住所」を取得しただけにすぎないですから。

server

作業としては、2段階となります。

  1. ドメインにサーバーの情報を登録する
  2. サーバーにドメインを登録する

こう見るとそんなに難しく見えないんですが、実は挫折する人がとっても多い作業なんです

おそらく、設定しても反映されるのに時間がかかることが原因の1つかもしれないです。なにせ、正しく設定できたのかすぐに確認できないんで。

反映するのに最大で72時間かかるということを覚えておいて、この紐づけの作業をするようにしてください。

ドメインにサーバーの情報を登録する

まずは、「ドメイン」に「サーバー」の情報を登録していきましょう。

MEMO
この作業では、「ネームサーバー」という呼ばれるものを変更することになります。下記では簡単な手順を紹介していますが、トップページなど別のページからでも「ネームサーバーの変更」という項目が見つかれば同じように作業を進めることもできます。

サーバー登録の手順

STEP.1
お名前.comにアクセス
まずは「お名前.com」にアクセスし、画面右上にある「ログイン」のボタンをクリックします。

onamae
STEP.2
お名前.comにログイン
次に、先ほどメールで送られてきた「会員ID」と自分で設定したパスワードを入力してログインします。

onamae
STEP.3
ドメイン一覧
次に、「ドメイン一覧」へアクセスします。

onamae
STEP.4
ネームサーバーを変更
「ドメイン一覧」が表示されたら、取得したドメインの欄にある「ネームサーバー」の「変更する」というボタンをクリックします。

onamae
STEP.5
手続きを進める
次に、「登録情報は正しいので、手続きを進める」という青いボタンをクリックして進みます。

onamae
STEP.6
他のネームサーバーを利用
次に、「他のネームサーバーを利用」というタブをクリックします。

onamae
STEP.7
ネームサーバーを入力
すると「ネームサーバー情報を入力 」という欄が出てくるので、1から5まで埋めます。

エックスサーバーの場合
  1. 1の欄に「ns1.xserver.jp」
  2. 2の欄に「ns2.xserver.jp」
  3. 3の欄に「ns3.xserver.jp」
  4. 4の欄に「ns4.xserver.jp」
  5. 5の欄に「ns5.xserver.jp」

onamae
STEP.8
確定
入力が終わったら、「確認画面を進む」を押して「確定」すれば手続きは完了となります。
ネームサーバーを確認する場所
ネームサーバーは、「サーバーアカウント設定完了のお知らせ」という題のメールか、もしくは「エックスサーバー」の「インフォパネル > サーバー管理 > アカウント > サーバー情報」でも確認することができます。

以上で「ドメイン」側の設定は完了となりますが、先ほどもチラッと説明したように反映に最大で72時間かかることもあるようです。

まあ、私の経験上では数時間で反映することが多いんですけどね

ひとまず、この設定においては数時間かかることは絶対なので、しばらく放置して次の設定をやっておきましょう。

サーバーにドメインを登録する

ネームサーバーを登録することに比べたら、「サーバー」に「ドメイン」を登録する作業はとっても簡単。

でも「SSL」という単語に引っかかる人も多いと思うんですが、ひとまず無視して作業しちゃって大丈夫です。

あとで、すぐに「SSL」については解説します。

ドメインの登録手順

STEP.1
サーバーにアクセス
まずは、「エックスサーバー」にアクセスします。
STEP.2
サーバー管理
先ほどと一緒で「インフォパネル」にログインしたら、今回は操作メニューにある「サーバー管理」というボタンをクリックします。間違っても「ファイル管理」には入らないでくださいね。

server
STEP.3
ドメイン設定
「サーバーパネル」の画面が表示されたら、ドメインの欄にある「ドメイン設定」をクリックします。

server
STEP.4
ドメイン名追加
そして「ドメイン設定追加」というタブに切り替えて、「ドメイン名」という欄に今回取得した「ドメイン」を入力します。下に「無料SSL〜」などとチェックが入ったオプションがありますが、ここは全てチェック入れたままにしておきます。そして、「確認画面へ進む」をクリックしてください。

server
STEP.5
確定
最後に、確認画面で問題なければ「確定」をクリックして設定は完了となります。
MEMO
設定の完了後に通知画面が表示されますが、たまに「無料独自SSL設定」の項目に「失敗しました」という文言が表示されることもあります。これは後から設定できるものなので、この通知が出た人は次の項目での手順に従ってください。

以上で「サーバーとドメインを紐づける作業」は終わりです。

次に「無料独自SSL」の設定手順を紹介するのですが、ドメインの追加時に問題なく設定できた人は飛ばして大丈夫です。

ただ、「SSL」って何? って思った人は、冒頭で「SSL」についてチラッと説明するので軽く読んでみてください。

無料独自SSLを設定する

  1. サーバーを契約する
  2. ドメインを取得する
  3. サーバーとドメインを設定
  4. 独自SSlを設定 今からココ
  5. WordPressをインストール
  6. 最低限の設定を
  7. テーマをインストール

ドメインの追加時にも「無料独自SSL」という単語が登場していると思いますが、そもそも「無料」とか「SSL」とかってどういうものなのか。

実は、ここ数年でサイトを表記するのに重要な要素として扱われるようになったシステムなので、細かいことは忘れても「サイトを運営するうえで大切だ」ということだけは覚えて頂ければと思います。

SSLとは?

「SSL」とは、簡単に言うと「暗号化させるシステム」のこと

サイトに「SSL」の設定をすると、そのサイトを通して行ったやり取りを「暗号化」させることができるようになります。

そのため、通販サイトや個人情報を扱うようなサイトでは特にやり取りを厳重に扱わなくてはならないので、「SSL」に対応している必要が出てきます。

ssl

そして「安全」である証にもなるので、情報を扱うようなサイトには不可欠なシステムとなります

でも、「私はブログをやりたいだけなんで、関係ないじゃないの?」と思った人も「SSL」には重要な要素があることを覚えておくと良いです。

SSLに対応したサイトの見分け方

実は「SSL」に対応しているのかどうかは、URL を見れば一目瞭然なんです。

URLの最初に「http://」「https://」の2種類あるんですが、「s」が付いている「https://」が「SSL」に対応しているサイトという意味なんです。

ssl

最近ではChromeなどのブラウザを見ると、「SSL」に対応していないサイトを見た時に「この接続は安全ではありません」などと表示されたりしていますよね。

また「s」が付いているかだけではなく、「」のマークが付いているのかでも見分けることができます。

知らなかった〜という人は、通販サイトなどを利用する時に気にしてみてね。

SSLのサイトは優遇される

WordPressで純粋にブログを始めようと思っている人でも、やっぱり1人でも多くの人に読んでもらえれば嬉しいですよね。

そこで多くの人に読んでもらえるようになる要因の1つに、「検索結果」での順位というものがあります。

Google などで検索した時に、世界中のサイトからその人が検索した単語と探したい意図を読み取って「検索結果」を表示してくれるわけです。

その結果は記事の内容や表示速度から判断されていますが、Googleからの公式発表でも「SSL」に対応したサイトを優遇すると発表しているんですね

つまり、通販サイトでもなければ個人情報を扱うサイトでもない、ただのブログだとしても「SSL」に対応したサイトは「安全」なので評価してあげますよと言っているんです。

もし「ただのブログ」を始めようとしている人も、「SSL」の設定をしておきましょうね。

無料というのは?

実は2016年まで、「SSL」に対応させるには必ず費用がかかっていたんです。しかも、そこそこの値段で。

もちろん今でも有料の「SSL」は販売されていますが、ある会社が「暗号化させよう」というコンセプトに賛同した大手企業の助けもあり「無料」で暗号化できるようにしたサービスなんです

最初は利用できるサーバーもあまりなかったんですが、「エックスサーバー」を始め「MixHost」や「さくらインターネット」などもこのシステムを導入して簡単に設定できるようになりました。

もちろん、大規模な通販サイトなどを運営する時には信頼度が高い有料の「SSL」の導入も検討してみてくださいね。

独自SSL設定手順

「無料独自SSL」の設定は、非常に簡単です。

エックスサーバーの場合

STEP.1
サーバー管理
ドメインの追加作業と同じように、「サーバー管理」にアクセスします。
STEP.2
SSL設定
「サーバーパネル」の画面が表示されたら、ドメインの欄にある「SSL設定」をクリックします。

server
STEP.3
ドメイン選択
「ドメイン選択」画面が表示されたら、対象のドメインにある「選択する」をクリックします。

server
STEP.4
設定を追加
「SSL設定」の画面では「独自SSL設定追加」のタブに切り替え、「追加」のボタンをクリックすれば完了です。反映するには約1時間ほどかかるので、しばらく待ってみてください。

server

MEMO
「CSR情報(SSL証明書申請情報)を入力する」というチェック項目がありますが、これは「有料のSSL」では入力が必要となる項目。今回のように「無料独自SSL」を設定する場合には、入力をする必要はありません。

MixHostの場合

「Xサーバー」では上記のような設定が必要となりますが、「Mixhost」では「無料独自SSL」が自動で設定されます

文字通り「自動」なので何もする必要はなく、「ドメインの追加」作業をしてから数時間後から反映されるようになります。

ラク過ぎて、びっくりした〜!
SSLの表示について
「SSL」の設定について紹介しましたが、あくまで「サーバー」側の設定です。「https」で表示させるには WordPress をインストールした後にも設定が必要となるので、「SSLの設定が後でも必要」と頭の片隅にでも入れておいてください。

WordPress をインストール

  1. サーバーを契約する
  2. ドメインを取得する
  3. サーバーとドメインを設定
  4. 独自SSlを設定
  5. WPをインストール 今からココ
  6. 最低限の設定を
  7. テーマをインストール

「サーバー」と「ドメイン」の設定が済んだら、あとは「WordPress」を「サーバー」にインストールしたらほとんど完了となります。

「エックスサーバー」や「MixHost」などでは、誰でも簡単に「WordPress」をインストールできるようになっています

WordPress とは?

そもそも「WordPress」とは、簡単に説明するとWEBサイトを表示させるための「土台」や「骨組み」といった感じですかね

dodai

「WordPress」を使わないでサイトを表示させるためには、「専門用語(コード)」を用いて「骨組み」も全て組み立てる必要があります。

しかも「骨組み」だけ入力するだけでも、そこそこの時間と労力が必要となっちゃうんですね

その面倒な過程を省いてくれるのは、「WordPress」なわけです。

CMSと言われる無料ソフト

この記事では難しいことは抜きにして説明しますが、「WordPress」は「CMS」と呼ばれる「ソフト」の1つ。

しかも、「無料」で利用できるソフトなんです。

wordpress

他にも「CMS」と呼ばれるソフトはたくさんあって、特に「WordPress」は「ブログ向き」。

ただ利用者が非常に多いため、ブログ以外の用途でも利用しているサイトは世界中にあります。

もし今後興味あれば、通販サイト向けな「EC-CUBE」やポータルサイト向けな「Drupal」と言ったものも試してみると面白いと思います。

WordPress の設定手順

「WordPress」の設定は、先ほどもチラッと触れたように「サーバー」などの設定と比べたら非常に簡単です。

エックスサーバーの場合

STEP.1
サーバー管理
今回何度も登場している「サーバー管理」から入り、「サーバーパネル」の画面を開きます。
STEP.2
簡単インストール
「サーバーパネル」のWordPressの欄にある「WordPress簡単インストール」をクリックします。

wordpress
STEP.3
ドメインを選択
ドメイン選択画面で、対象となるドメインの「選択する」をクリックします。

wordpress
STEP.4
必要事項を入力
「WordPress簡単インストール」の画面では、「WordPressインストール」のタブに切り替え必要な項目を入力します。

インストールURL右側は空欄のままでOK
ブログ名表示予定のブログ名を入力(後で変更可)
ユーザ名ログイン時に必要となります
パスワードログイン時に必要となります
メールアドレスログイン時に使えます
キャッシュ自動削除「ON」にしておきます
データベース「自動でデータベースを生成する」にしておきます。

wordpress

STEP.5
確定
必要項目の入力が終わったら、「確認画面へ進む」をクリックし、内容に問題がなければ「確定」をクリックしたら完了です。

忘れずに!
「確定」をクリックすると、ログインや確認に必要な情報が1回だけ表示されます。画面をキャプチャーするなりメモを控えるなりして、情報を必ず残すようにしましょう。

以上で、WordPress のインストールは完了となります。

これで、あなたもWordPress デビューです! おめでとう!

WordPress の最低限の設定

  1. サーバーを契約する
  2. ドメインを取得する
  3. サーバーとドメインを設定
  4. 独自SSlを設定
  5. WPをインストール
  6. 最低限の設定を 今からココ
  7. テーマをインストール

「WordPress」のインストールが完了したら、最低限しておきたい設定をいくつか紹介しておきましょう。

まずは、完了画面に表示されていた「ドメイン/wp-admin」からログインしてみましょう。

wordpress

こんな画面が表示されると思うので、上記で設定した「ユーザー名(メールアドレス)」と「パスワード」を入力してログインします。

この時点では、まだブラウザに「お気に入り」登録しなくて良いよ。というのも、まだこれからURLが変わってしまうから。
ワードプレスの管理画面に入れない!?ログイン画面へのアクセス方法

「https://」へ変更

サーバーの方では「SSL」に対応させましたが、WordPress の管理画面でも常に「SSL」対応したサイトを表示させるように設定をします。

STEP.1
一般にアクセス
WordPress にログインしたら、管理画面の左にあるメニュー一覧から「設定」にカーソルを持っていき、サブメニューから「一般」をクリックします。

wordpress
STEP.2
「s」を追加
「WordPress アドレス」と「サイトアドレス」の項目にあるURLを、両方とも「https://」となるように「s」を追加。そして、画面一番下の「変更を保存」をクリックしたら完了です。

wordpress

設定が完了すると、「無効なURLです」と表示される場合があります。

もしそう表示されても、焦らなくて大丈夫。「サーバー」の「SSL」設定してから1時間ほどかかるので、まだそんなに時間がかかっていない場合はもう少し待ってみましょう

すでに数時間が過ぎている場合には、ブラウザのキャッシュが残っている場合があるので「キャッシュをクリア」してから再度アクセスしてみてください。

パーマリンクの設定

次に設定しておきたいのが、「パーマリンク」と呼ばれるもの。

「パーマリンク」とは、「住所」に例えると記事やページ毎に振り分けられる「番地」のような役割で、記事を投稿するには絶対に必要な部分になります。

server

ただ、設定できる種類がいくつかあるんです。

結論から言うと、「投稿名」にチェックを入れてしまえば問題なし

ただ、他の方法を推奨している方もいらっしゃいます。

ここは好きな種類を選ぶしかないのですが、設定自体は WordPress をインストールした直後にした方が良いので、最初に設定だけはしておきましょう。

なぜ「投稿名」にチェックなのか

デフォルトでは「基本」にチェックが入っていて、記事を投稿するたび自動的に振り分けられた数字のみがパーマリンクとして設定されます。

ただ、数字だけではどんな記事なのか分からないので避けた方が良いというのが定説です。

そして、なるべく短く簡潔に内容を分かるようにするために、「投稿名」をパーマリンクとして設定した方が良いと言われているんです。

ただ、カテゴリーを含めて表示させた方が良いと説明している人もいます。

確かにカテゴリーも表示できるとより分かりやすいかもしれませんが、難点としてはカテゴリーを変えてしまうとその記事のURLまで変わってしまうんですよね

そのため、「投稿名」だけをパーマリンクとして設定する方が良いのではないかと私は考えています。

ただ、これは一般的なブログに限った設定の考え方なので、例えば毎日の記録だったり機械的に情報を残しておきたい場合には、「日付と投稿名」や「数字ベース」に設定する方が便利な場合もあります。

パーマリンクの設定手順

STEP.1
パーマリンク設定
管理画面の左にあるメニュー一覧から「設定」にカーソルを持っていき、サブメニューから「パーマリンク設定」をクリックします。

wordpress
STEP.2
保存
次は「投稿名」にチェックを入れて、画面下の「変更を保存」をクリックすれば完了です。

wordpress
MEMO
記事を投稿する時に「パーマリンク」も併せて入力することになるんですが、日本語でタイトルを入力すると自動的に日本語が入ってしまいます。
 
ただ、「パーマリンク」は英数字にすることを推奨されているため、その記事に関する英語をGoogle翻訳などを使いながら入力してみてください。

WordPress のテーマを設定

  1. サーバーを契約する
  2. ドメインを取得する
  3. サーバーとドメインを設定
  4. 独自SSlを設定
  5. WPをインストール
  6. 最低限の設定を
  7. テーマをインストール ココで最後!

「WordPress」をインストールして最低限の設定が済んだら、さっそく記事を投稿してみても良いでしょう。

ただ、最初に設定されているデザインってシンプルだったり、そもそも好みではなかったりしますよね?

この「テーマ」を変えるという部分が「WordPress」の醍醐味の1つで、着せ替えでもするかのように「テーマ」を変えるだけであっという間にデザインが変わります

wordpress

また、「テーマ」によってデザインだけではなく「機能」なども違ってくるので、どのようなブログにしたいのかを想像しながら「テーマ」選びをしてみましょう

無料と有料の違い

「テーマ」には、「無料」と「有料」があります。

それぞれどんなものかを知っておけば、「テーマ」も選びやすくなると思います。

無料のテーマ

「無料のテーマ」には、「公式」「公式ではない」テーマがあります。

「公式」のテーマは、管理画面のメニューから「外観」にカーソルを持っていき「テーマ」をクリック、そして「新規追加」をクリックすると無料で使える「テーマ」が7000以上表示されると思います。

もちろん、どれを使っても良いのですが、基本的に欧米の人向けなスタイルがほとんどなんですよね。

そこでチェックしたいのが、日本人のデザイナーが無料で配布している「公式ではないテーマ」

「日本語」の表記に合うような行間だったり、日本人好みのスタイルって少なからずあるんですよ。それらを考えて作られているテーマがあるので、チェックしてみるのも良いと思います。

WordPress「日本語対応」の無料テーマ おすすめ9選!初心者必見

有料のテーマ

「有料のテーマ」は国内外にとても多く販売されていて、どれにしようか正直迷ってしまうほどあります。

「無料テーマ」との大きな違いは、サポートがあるということ

購入したテーマをどうカスタマイズしたら良いのかなど、分からなくなったら問い合わせることができます。

そのため、初心者ほど「有料テーマ」を利用した方が安心ではないかと思います

さらに「有料テーマ」の多くは機能も充実しているので、追加でカスタマイズする工程が少なくて済むケースも多いです。

ただ、お金はかかるのでお財布との相談って感じですかね。

テーマの設定手順

「テーマ」の設定自体は、ほぼボタン1つでできちゃうので簡単です。

公式テーマの場合

STEP.1
テーマをクリック
管理画面のメニューから「外観」にカーソルを持っていき、「テーマ」をクリックします。

wordpress
STEP.2
新規を
そして、上部にある「新規追加」または「新しいテーマを追加」をクリック。

wordpress
STEP.3
インストールする
無料のテーマが一覧で表示されているので、テーマの上にカーソルを持っていくと「インストール」というボタンが表示されるのでクリックします。

wordpress
STEP.4
有効化する
インストールが完了すると「有効化」というボタンに変わるので、それをクリックすれば完了です。

wordpress

公式テーマではない場合

STEP.1
テーマをクリック
管理画面のメニューから「外観」にカーソルを持っていき、「テーマ」をクリックします。

wordpress
STEP.2
新規追加を
そして、上部にある「新規追加」または「新しいテーマを追加」をクリック。

wordpress
STEP.3
アップロード
次に上部に表示されている「テーマのアップロード」をクリックし、ダウンロードしたZIPファイルを選択して「今すぐインストール」をクリックします。

wordpress
STEP.4
有効化する
インストールが完了すると「有効化」という文字が表示されるので、それをクリックすれば完了です。

wordpress

子テーマについて

上記でインストールしたテーマが基本(親)と考えて、デザインのカスタマイズをするためによく利用される「子テーマ」というものがあります。

カスタマイズを多くする人には不可欠な「手段」なのですが、ここ数年では「子テーマ」の使用について賛否両論ある状態です。

初めて WordPress を触る人であれば「子テーマ」の導入は必要はないと思いますが、「テーマのデザイン」を変える時には「子テーマ」を使う方が良いかもしれないということを、頭の片隅にでも入れておいてください。

この記事ではあくまで初心者用なので、どんなものか気になった人は「WordPress 子テーマ」と検索してみてください。

WordPressを使う時に知っておきたい単語

ここからは、「WordPress」のインストールや設定が完了した後のことをチラッと紹介しておきます。

「WordPress」を使ううえで必ず登場する単語たちなので、登場したら「あの事か!」と思い出すようにしてくださいね。

これから登場する単語たち
  • プラグイン
  • SEO
  • Google Search Console
  • Googleアナリティクス
  • HTMLとCSS

プラグイン

「WordPress」において絶対に避けて通れないのが、「プラグイン」と呼ばれるもの。

参考 プラグインWordPress公式サイト

「プラグイン」を簡単に説明すると、「機能の追加」と思ってもらえば良いです

例えば、デフォルトでは「お問い合わせ」を受けられるような機能は付いていません。

そこで、質問などを受けられるように「機能を追加」したい場合には、「お問い合わせフォーム」を簡単に設置できる「プラグイン」をインストールして使います。

他にも「ランキング」を表示させたり、ブログの表示を早くさせるような「システム」も導入できます。

WordPressのおすすめプラグイン13選+2。でも相性が一番大事!

「WordPress」に慣れてきたら、「プラグイン」を色々使ってカスタマイズしてみるともっと面白くなってきますよ。

プラグインに関する注意
「プラグイン」は便利なのですが、追加すればするほどサイトが重くなってしまいます。機能を追加しているわけですからね。また「テーマ」との相性が悪い「プラグイン」もあるので、使う時にはここら辺も覚えておきましょう。

SEO

「WordPress」に限ったことではないのですが、「記事を多くの人に読んでもらうためには、SEO対策をしましょう!」というフレーズが山ほど出てきます。

「SEO」を簡単に説明すると、Google検索などでなるべく最初に表示されるようにする「施策」のことです。

つまり、「SEO」のことを考えながら記事を書いたりサイトをカスタマイズすると、多くの人に読んでもらえるようになるというコトです。

ただ、「SEO」も有効な対策や考え方が毎年のように変わっていて、これをすれば100%大丈夫という対策は誰にも分かりません。

最終的には、「人が読んで役に立つ記事」が選ばれるというのが根本にあるんですけどね

でも、下記のような対策は最低限しておくと良いと思います。

  • 記事を読みやすくするコト
  • サイトの表示を早くするコト
  • 正しい設定をしておくコト

当たり前のようなコトを書いているんですが、これがなかなか難しいんです。

あまりにも「SEO!SEO!」といってのめり込みすぎるとドツボにハマってしまうので、WordPressに慣れてきたら本来の概念を忘れずに「SEO対策」をしてみてください。

Google Search Console

巷ではよくカタカナで「サーチコンソール」として日本では表記されているサービスで、サイトを運営するうえでは初期の段階で登録・設定しておきたいものの1つです。

参考 Google Search ConsoleGoogle

このサービスはGoogleが無料で提供しているサービスで、「サーチコンソール」に自分のブログを登録して、「タグ」と呼ばれるコードをブログに埋め込むとデータを計測してくれるようになります。

また、Google検索にも早く表示されるようになるので、必ず設定しておきましょう。

MEMO
「サーチコンソール」の設定方法は「テーマ」によっては簡単にできたりもするんですが、対応されていない「テーマ」の場合は難易度が高くなってしまうコトもあります。
 
分からないと思った時は、「利用しているテーマ名 サーチコンソール」と検索してみてください。

Googleアナリティクス

「アナリティクス」とは「解析・分析」という意味で、データ解析ができる無料のサービスの1つです。

参考 GoogleアナリティクスGoogle

ただ、「サーチコンソール」と比べて絶対的な要素は薄く、「データの解析なんかしないよ」という人には必要のないものかもしれません。

とはいえ、サイトにとっては「データ」が命

最初は「アナリティクス」で解析する余裕がなくても、のちに「データ」を見ながらもっと人に見られるような「ブログ」にしたいと思うかもしれませんからね。

そんなとき、過去に戻って「データ」を計測することはできないんです

あとで「データ」が欲しかったと思う前に、「Googleアナリティクス」に登録・設定しておくことをオススメしておきます。

HTMLとCSS

「WordPress」に関するコトを調べると、「HTML」と「CSS」という単語が頻繁に登場すると思います。

「あ〜、プログラミング言語でしょ?」と言う人も多いんですが、実は「HTML」と「CSS」はプログラミング言語ではないんです

「HTML」は日本語ではない別の言語を話すのと一緒で、WEB上で文字を表示する時に使われる言語。

そして「CSS」は、スタイルを指定する時に使われる言語なんです。

例えば、文章の中で1回だけ赤色に変えたいとします。

そんな時は、「文字 色 html」と検索すれば方法が見つかります。

もし、毎回表示されるたびに文字を赤色に変えたいとする場合には、「文字 色 css」と検索してスタイルを変更することもできます。

この違いが分かると、カスタマイズをしたくなった時に検索で見つけやすくなると思います。

さいごに

ちょっと駆け足ではありますが、「WordPress」でブログを始める手順などをご紹介しました!

「WordPress」は毎年どころか月単位でも情報が変わっていくようなものなので、そういった部分もこのブログでは解説したりもしています。

もしこの記事を読んでも自分で設定できるか自信がないという方は、「WordPress」の初期設定だけのお手伝いも始めたのでこちらも利用してみてください。

ワードプレスの初期設定をお手伝いします WordPressで副業を考えている方、初心者の方をサポート

とっても記事が長くなりましたが、読んでいただきありがとうございました!